ここは 「ホーム」です

toplogo.png


公益財団法人 交通協力会について

tokyocenterexit.png

沿革

本会は、1943(昭和18)年に財団法人陸運協力会として設立されました。戦後、財団法人交通協力会と改称し、「交通新聞」をはじめ交通運輸に関する雑誌、図書などを刊行しながら交通事業の発展に寄与してきました。1987(昭和62)年の国鉄改革に伴って本会を取り巻く環境も大きく変化し、新たに設立された株式会社交通新聞社に当会の新聞発行等の収益事業を移管し、当会は公益に資する事業に専念することになりました。その後、公益法人制度の改革に即して、2011(平成23)年8月、公益財団法人の認定を受け、新たな出発をいたしました。
今後も交通図書賞の選定と表彰、交通に関する講演会の開催、交通年鑑の刊行、電子図書館の 運営、鉄道史資料の調査研究などの事業を積極的に展開してまいります。と同時に、2022(平成34) 年にわが国の鉄道が創業150 年を迎えることを視野に、「鉄道150年史」の編纂の準備を進めていく所存です。


画像

主な事業活動

交通協力会は、交通事業の円滑な運営に協力するとともに、交通に関する一般の認識と理解を深め、交通事業者の教養の向上につとめ、それにより交通事業の健全な発展と、国民生活の安定向上に寄与することを目的に さまざまな活動を行っています。
①交通図書賞の授与
②交通講演会の開催
③交通年鑑の刊行
④交通電子図書館「戦中戦後の交通と日本国有鉄道」の運営
⑤鉄道史資料の調査
⑥鉄道150年史の編纂



平成29年度交通講演会の報告

画像
画像
画像

平成29年度交通講演会:「鉄道史シリーズ第2回」を開催しました

平成29年11月15日(水)15時から17時30分まで日本交通協会大会議室において、当交通協力会が主催する平成29年度交通講演会「鉄道史シリーズ第2回」を開催しました。
5年後の2022年10月、わが国の鉄道は創業150年を迎えます。この機会に新しい鉄道史を刊行すべく関係者が一堂に会して議論を重ねてきた「鉄道史に関する懇話会」は本年3月に審議を終え、全5巻、合計4000ページ(ほかに資料編1巻)の「鉄道百五十年史」を編纂・刊行することで合意が得られました。
4月には「鉄道百五十年史編集委員会」が発足し、鉄道史に関する懇話会の座長を務められた東京大学名誉教授原朗先生が委員長に就任され、各巻ごと経営史・技術史担当の執筆者など、合わせて12人の編集委員で構成し、交通協力会が事務局となって精力的に準備を進めています。
今回で第2回目となる交通講演会では、第1巻(創業から鉄道国有まで)の経営史を担当される老川慶喜先生と第2巻(拡充・興隆期を経て戦中・戦後期へ)の技術史を担当される大内雅博先生からご講話を頂き、鉄道関係者など約130人が聴講しました。前回同様に、聴講者との間で活発な質疑応答がなされ、大変有意義な講演会となりました。


講師: 老川 慶喜(立教大学名誉教授・跡見学園女子大学 教授)
演題: 鉄道の父・井上勝 ― その生涯と業績
講師: 大内雅博(高知工科大学 教授)
演題: 統計に見る鉄道経営の発展と国際比較/国有化以後の日本の鉄道/現代スイスと日本
画像
今後も交通講演会では、鉄道百五十年史編集委員会の委員を順次講師としてお迎えし、それぞれの専門分野に関する演題でご講演を頂きたいと考えております。


このサイト内のご案内