ここは 「ホーム」です

toplogo.png


公益財団法人 交通協力会について

tokyocenterexit.png

沿革

本会は、1943(昭和18)年に財団法人陸運協力会として設立されました。戦後、財団法人交通協力会と改称し、「交通新聞」をはじめ交通運輸に関する雑誌、図書などを刊行しながら交通事業の発展に寄与してきました。1987(昭和62)年の国鉄改革に伴って本会を取り巻く環境も大きく変化し、新たに設立された株式会社交通新聞社に当会の新聞発行等の収益事業を移管し、当会は公益に資する事業に専念することになりました。その後、公益法人制度の改革に即して、2011(平成23)年8月、公益財団法人の認定を受け、新たな出発をいたしました。
今後も交通図書賞の選定と表彰、交通に関する講演会の開催、交通年鑑の刊行、電子図書館の 運営、鉄道史資料の調査研究などの事業を積極的に展開してまいります。と同時に、2022(平成34) 年にわが国の鉄道が創業150 年を迎えることを視野に、「鉄道150年史」の編纂の準備を進めていく所存です。


画像

主な事業活動

交通協力会は、交通事業の円滑な運営に協力するとともに、交通に関する一般の認識と理解を深め、交通事業者の教養の向上につとめ、それにより交通事業の健全な発展と、国民生活の安定向上に寄与することを目的に さまざまな活動を行っています。
①交通図書賞の授与
②交通講演会の開催
③交通年鑑の刊行
④交通電子図書館「戦中戦後の交通と日本国有鉄道」の運営
⑤鉄道史資料の調査
⑥鉄道150年史の編纂



第43回交通図書賞

画像
画像
画像

受賞作品が決定

平成30年3月6日(火)、一般社団法人日本交通協会の特別会議室において、第43回交通図書賞審査委員会が開催され、厳正なる審査の結果4作品の受賞が決まりました。


【第43回交通図書賞受賞作品】

第1部(経済・経営) : 該当作品なし
第2部(技術): ■石田 正治・山田 俊明 編著 池森 寛・大島一朗・緒方正則・菅 和彦・堤 一郎 著 「図説 鉄道の博物誌 ものづくり技術遺産(鉄道の革新)」(秀和システム)
第3部(歴史): ■武田 尚子 著 「荷車と立ちん坊 近代都市東京の物流と労働」(吉川弘文館)
第4部(一般): ■今尾 恵介 著 「地図と鉄道」(洋泉社)
奨励賞: ■村上 敦 著 「ドイツのコンパクトシティはなぜ成功するのか 近距離移動が地方都市を活性化する」(学芸出版社)


交通図書賞は、「交通に関する優秀図書を選定し、広くこれを推奨することにより、交通知識の普及と交通従事者の教養の向上に資する」ことを目的とした顕彰事業です。 今回は、平成28年12月1日から平成29年10月31日までに刊行・市販された運輸・交通関連図書のうち、120作品がノミネートされました。これを有識者及び実務者で構成する「幹事会」において事前審査を行い、4部門(経済・経営・技術・歴史・一般)の担当幹事が各2〜3作品づつ計11作品を受賞候補作品として選定し、審査委員に提出しました。国土交通省総括審議官及びJR幹部その他交通界の各審査委員5名の方々に審査していただき、審査委員会に各委員の評価を持ち寄ったうえで慎重に審議を行った結果、上記のとおり受賞作品が決定いたしました。
表彰式は、平成30年3月23日(金) 17時から行われ、受賞者には賞状、賞金が贈呈されます。

これまでの交通図書賞の受賞図書は、 こちらにPDFを用意しましたのでご覧ください。




このサイト内のご案内