toplogo.png
ご案内: MicroSoft Edge 非対応 2019年2月現在、交通電子図書館アクセス不能等の不具合があります、他のブラウザーをご利用ください。

公益財団法人 交通協力会ホームページ

概要

■沿革
TokyoStation
本会は、1943 (昭和18) 年に財団法人陸運協力会として設立されました。戦後、財団法人交通協力会と改称し、「交通新聞」をはじめ交通運輸に関する雑誌、図書などを刊行しながら交通事業の発展に寄与してきました。1987 (昭和62) 年の国鉄改革に伴って本会を取り巻く環境も大きく変化し、新たに設立された株式会社交通新聞社に当会の新聞発行等の収益事業を移管し、当会は公益に資する事業に専念することになりました。その後、公益法人制度の改革に即して、2011 (平成23) 年8月、公益財団法人の認定を受け、新たな出発をいたしました。
今後も交通図書賞の選定と表彰、交通に関する講演会の開催、交通年鑑の刊行、電子図書館の 運営、鉄道史資料の調査研究などの事業を積極的に展開してまいります。と同時に、2022 (平成34) 年にわが国の鉄道が創業150 年を迎えることを視野に、「鉄道150年史」の編纂の準備を進めていく所存です。
■主な事業活動 
shinkansen
交通協力会は、交通事業の円滑な運営に協力するとともに、交通に関する一般の認識と理解を深め、交通事業者の教養の向上につとめ、それにより交通事業の健全な発展と、国民生活の安定向上に寄与することを目的に さまざまな活動を行っています。
  • ①交通図書賞の授与
  • ②交通講演会の開催
  • ③交通年鑑の刊行
  • ④交通電子図書館「戦中戦後の交通と日本国有鉄道」の運営
  • ⑤鉄道史資料の調査
  • ⑥鉄道150年史の編纂

第44回交通図書賞

【受賞作品】    

画像

画像

画像

画像

画像

平成31年3月5日(火)、一般社団法人日本交通協会の特別会議室において、第44回交通図書賞審査委員会が開催され、厳正なる審査の結果5作品の受賞が決まりました。

【第44回交通図書賞受賞作品】
第1部
(経済・経営)
■冷泉 彰彦 著
自動運転「戦場」ルポ ~ウーバー、グーグル、日本勢─クルマの近未来~(朝日新聞出版)
第2部
(技術)
■吉田 裕 著
「鉄道トンネル火災の検証~避難行動の心理と誘導のあり方~」(ミネルヴァ書房)
第3部
(歴史)
■鴋澤(ばんざわ)歩 著
「鉄道人とナチス~ドイツ国鉄総裁ユリウス・ドルプミュラーの二十世紀~」(国書刊行会)
第4部
(一般)
■小島 英俊 著
「鉄道快適化物語 ~苦痛から快楽へ~」(創元社)
奨励賞 ■東出加奈子 著
「海港パリの近代史 ~セーヌ河水運と港~」(晃洋書房)

交通図書賞は、「交通に関する優秀図書を選定し、広くこれを推奨することにより、交通知識の普及と交通従事者の教養の向上に資する」ことを目的とした顕彰事業です。
今回は、平成29年11月1日から平成30年10月31日までに刊行・市販された運輸・交通関連図書のうち、108作品がノミネートされました。
これを有識者及び実務者で構成する「幹事会」において事前審査を行い、4部門(経済・経営・技術・歴史・一般)の担当幹事が各3作品づつ計12作品を受賞候補作品として選定し、審査委員に提出しました。国土交通省総括審議官及びJR幹部その他交通界の各審査委員5名の方々に審査していただき、審査委員会に各委員の評価を持ち寄ったうえで慎重に審議を行った結果、上記のとおり受賞作品が決定いたしました。
表彰式は、平成31年3月26日(火) 17時から行われ、受賞者には賞状、賞金を、また受賞図書出版社には記念品がそれぞれ贈呈されます。

これまでの交通図書賞の受賞図書は、▼こちらにPDFを用意しましたのでご覧ください。

電子図書館

戦中戦後の交通と国有鉄道 Transportation and Railways in Wartime and Postwar Japan

librarytop
ご連絡
頂戴したご連絡やご意見につきまして、回答や対応をお約束するものではありません

このサイト内のご案内

© Koutsu Kyouryoku Kai all rights reserved. 本ホームページ記載の情報は、公益財団法人 交通協力会が、すべての権利を保有しております