ホーム > ここは「ニュース保管庫」です

kkktopbar


第43回交通図書賞

画像
画像
画像

受賞作品が決定

平成30年3月6日(火)、一般社団法人日本交通協会の特別会議室において、第43回交通図書賞審査委員会が開催され、厳正なる審査の結果4作品の受賞が決まりました。


【第43回交通図書賞受賞作品】

第1部(経済・経営) : 該当作品なし
第2部(技術): ■石田 正治・山田 俊明 編著 池森 寛・大島一朗・緒方正則・菅 和彦・堤 一郎 著 「図説 鉄道の博物誌 ものづくり技術遺産(鉄道の革新)」(秀和システム)
第3部(歴史): ■武田 尚子 著 「荷車と立ちん坊 近代都市東京の物流と労働」(吉川弘文館)
第4部(一般): ■今尾 恵介 著 「地図と鉄道」(洋泉社)
奨励賞: ■村上 敦 著 「ドイツのコンパクトシティはなぜ成功するのか 近距離移動が地方都市を活性化する」(学芸出版社)


交通図書賞は、「交通に関する優秀図書を選定し、広くこれを推奨することにより、交通知識の普及と交通従事者の教養の向上に資する」ことを目的とした顕彰事業です。 今回は、平成28年12月1日から平成29年10月31日までに刊行・市販された運輸・交通関連図書のうち、120作品がノミネートされました。これを有識者及び実務者で構成する「幹事会」において事前審査を行い、4部門(経済・経営・技術・歴史・一般)の担当幹事が各2〜3作品づつ計11作品を受賞候補作品として選定し、審査委員に提出しました。国土交通省総括審議官及びJR幹部その他交通界の各審査委員5名の方々に審査していただき、審査委員会に各委員の評価を持ち寄ったうえで慎重に審議を行った結果、上記のとおり受賞作品が決定いたしました。
表彰式は、平成30年3月23日(金) 17時から行われ、受賞者には賞状、賞金が贈呈されます。

これまでの交通図書賞の受賞図書は、 こちらにPDFを用意しましたのでご覧ください。




平成29年度交通講演会の報告

画像
画像
画像

平成29年度交通講演会:「鉄道史シリーズ第2回」を開催しました

平成29年11月15日(水)15時から17時30分まで日本交通協会大会議室において、当交通協力会が主催する平成29年度交通講演会「鉄道史シリーズ第2回」を開催しました。
5年後の2022年10月、わが国の鉄道は創業150年を迎えます。この機会に新しい鉄道史を刊行すべく関係者が一堂に会して議論を重ねてきた「鉄道史に関する懇話会」は本年3月に審議を終え、全5巻、合計4000ページ(ほかに資料編1巻)の「鉄道百五十年史」を編纂・刊行することで合意が得られました。
4月には「鉄道百五十年史編集委員会」が発足し、鉄道史に関する懇話会の座長を務められた東京大学名誉教授原朗先生が委員長に就任され、各巻ごと経営史・技術史担当の執筆者など、合わせて12人の編集委員で構成し、交通協力会が事務局となって精力的に準備を進めています。
今回で第2回目となる交通講演会では、第1巻(創業から鉄道国有まで)の経営史を担当される老川慶喜先生と第2巻(拡充・興隆期を経て戦中・戦後期へ)の技術史を担当される大内雅博先生からご講話を頂き、鉄道関係者など約130人が聴講しました。前回同様に、聴講者との間で活発な質疑応答がなされ、大変有意義な講演会となりました。


講師: 老川 慶喜(立教大学名誉教授・跡見学園女子大学 教授)
演題: 鉄道の父・井上勝 ― その生涯と業績
講師: 大内雅博(高知工科大学 教授)
演題: 統計に見る鉄道経営の発展と国際比較/国有化以後の日本の鉄道/現代スイスと日本

今後も交通講演会では、鉄道百五十年史編集委員会の委員を順次講師としてお迎えし、それぞれの専門分野に関する演題でご講演を頂きたいと考えております。


第42回交通図書賞

画像
画像
画像
画像
画像

受賞作品が決定

平成29年3月6日(月) ホテルメトロポリタンエドモントにおいて、第42回交通図書賞審査委員会が開催され、厳正なる審査の結果5作品の受賞が決定しました。


【第42回交通図書賞受賞作品】

第1部(経済・経営) : 該当作品なし
第2部(技術): ■鉄道林研究会 著「鉄道林 その歴史と管理技術」(交通新聞社)
第3部(歴史): ■平山 昇 著「初詣の社会史 鉄道が生んだ娯楽とナショナリズム」(東京大学出版会)
  ■山本志乃 著「行商列車〈カンカン部隊〉を追いかけて」(創元社)
第4部(一般): ■黒田 一樹 著「すごいぞ!私鉄王国・関西」(140B)
奨励賞: ■田中 輝美 著「ローカル鉄道という希望 新しい地域再生、はじまる」(河出書房新社)


交通図書賞は、「交通に関する優秀図書を選定し、広くこれを推奨することにより、交通知識の普及と交通従事者の教養の向上に資する」ことを目的とした賞です。 今回は、平成27年12月1日から平成28年11月30日までの1年間に刊行・市販された運輸・交通関連図書のうち、124作品がノミネートされました。これを有識者及び実務者で構成する「幹事会」において事前審査を行い、4部門(経済・経営・技術・歴史・一般)の担当幹事が各3作品づつ計12作品を受賞候補作品として選定し、審査委員に提出しました。国土交通省総括審議官及びJR幹部その他交通界の各審査委員5名の方々に審査していただき、審査委員会にて各委員の評価を持ち寄り慎重に審議を行った結果、交通図書賞及び奨励賞の受賞作品が決定いたしました。 表彰式は、平成29年3月24日(金) 17時からホテルメトロポリタンエドモントにて行い、受賞者には賞状、賞金が贈呈されます。




平成28年度交通講演会の報告

画像

      鉄道史シリーズ第一回:「鉄道150年史編纂に向けて」を開催しました

去る平成28年10月31日(月)15時から17時30分まで日本交通協力会大会議室にて、当交通協力会が主催する平成28年度交通講演会 鉄道史シリーズ第一回「鉄道150年史編纂に向けて」を開催しました。 2022(平成34)年10月、日本の鉄道は創業150年を迎えます。6年後に迫った創業150年という時期は、新たな鉄道史を編纂すべき絶好の機会と言えます。しかし、現在から50年間を遡る「鉄道史」の編纂と刊行の主体をどのようにするかなど、多くの困難な課題があります。 今回は、現代日本経済史と鉄道システム工学の分野でそれぞれの最高の権威である東大名誉教授の原 朗先生と曽根 悟先生からご講話を頂き、鉄道関係者など約160人が聴講しました。 それぞれの講演終了後には、聴講者から多くの質問やご意見が出され、大変有意義で実りある講演会となりました。

講師: 原 朗(東京大学名誉教授)
演題: 「鉄道150年史」と近現代日本経済史
講師: 曽根 悟(東京大学名誉教授)
演題: 日本の鉄道技術の世界における位置づけ

       今後も様々な視点から鉄道史に関する話題をテーマに、「交通講演会」を開催してまいります。



Symposium 交通シンポジウム

      テーマ:鉄道遺産の保存と活用–––海外諸国の事例に学ぶ

開催日時: 2015(平成27)年10月26日月曜日 14:30-17:30(14:00開場)
入場料: 無料(下記要領にて事前のお申込が必要です)
開催場所: JR東京駅日本橋口 サピアタワー5階 東京ステーションコンファレンス
登壇者: 各国鉄道遺産保存団体代表(英、伊、豪、アルゼンチン、日本、他)
企画: 公益財団法人交通協力会(主催)、日本鉄道保存協会
協賛: 株式会社交通新聞社
応募方法: 住所、氏名、所属、電話番号を明記のうえ、FAXで交通協力会交通シンポジウム事務局
(FAX 03-6269-9809)へ
問合せ: 交通協力会交通シンポジウム事務局 電話 03-6269-9808
ご案内: 受付後は、満席でお断りする場合以外、当会からは特段のご連絡をいたしませんので、当日直接会場にお越しください。

News 最近の話題

画像

雑誌「R」は、日本国有鉄道が広報誌として1959年10月に季刊で発刊

第3巻以降は月刊化され、日本国有鉄道が民営化に移行する29巻3号(1987.3)まで刊行されました。鉄道車両のほか観光地などの写真が多数掲載されたグラフ誌です。交通協力会の電子図書館で、ユーザー登録をしていただければ、この資料をはじめ、歴史的な鉄道資料無料でオンライン閲覧できます。このページ右の枠内に、申込フォームと、電子図書館への入口ボタンがあります


画像

電子図書館の閲覧を高速化しました

電子図書館に順次収蔵中の歴史的資料の閲覧および全文検索をさらに高速となるよう改修しました。このたび改良した新方式により、目的とするページにさらに短時間でアクセスでき、ページをめくるような感覚で前後のページ、および表紙や裏表紙などに移動できるようになりました。


画像

鉄道史資料の収集と公開をめざして鉄道史資料調査センターを開設しました

【設置の背景】わが国の鉄道は2022年に創業150年を迎え、その節目は新たな鉄道史編纂の好機となります。そのためには今から資料の収集と体系的な保存に取り組むことが重要です。とりわけ旧国鉄時代の資料を発掘することは、国鉄改革から四半世紀が経過した今日、喫緊の課題となっています。また、調査活動の指針を得るため有識者による委員会を設置するとともに、旧国鉄の専門分野の実務経験者を含む研究会を組織します。詳細につきましては、こちらにPDFを用意しました

【取り組む事業】

【当面の目標】